2015年09月17日

『潜在意識を発揮できる方法』

yjimageIJL2FNOG.jpg

普段は眠っている無意識の潜在意識は自ら発揮することが出来ます。
逆に潜在意識は使わないとなまっていきますし、大事な時にまた発揮も出来なくなります。
つまり使わないと損ということですね。

今日はカンタンに潜在意識を呼び起こす3つの方法の1つを紹介します。
ぜひ試してみてくださいね!

1、潜在意識を出してもいいと決める

有名なノミの話を知っていますか?ピョンピョン高く跳びはねるノミを水槽に閉じ込めます。
するとノミが跳んでも天井に頭をぶつけてしまい高く跳べません。
そしてそのまま数日経ちある日突然水槽から出すとどうなるでしょう。

頭をぶつけ続けたノミは、自分はこれ以上跳べないと錯覚して水槽から出ても
前のように高く跳ぶことはなくなってしまいました。

他にも野生動物に首輪を付けて繋いでおくと、
ある日突然首輪を外しても逃げずにいつもの行動範囲内にいるままになります。

人間世界でもこのような現象がたくさんあります。
無理だと言われ続けてきたこと、思い込んでしまっていること、
やったことのないことなのに常識的に無理と決めつけてしまったことは
大きいことから些細なことまでたくさんありますね。

そこでまずしたいのが、自分の潜在意識を使ってもいいと決めること。
ほとんどの場合はその承認が出来ていません。

今月はここまでやるぞと多大な目標を上げても心の中のもう一人の自分が
「どうせおれには無理だ!いつも口だけで出来た試しがないだろう」と囁いてきますよね。

潜在意識、本当はやれば出来ることなのにそれを邪魔するのは常識でも他人でもなく、
自分自身です。

まず先に自分自身で潜在意識を活用する。
本来なら僕はもっと高く跳べるし、どこまででも遠くへ行けるのだ、
と飼いならされた首輪を外しましょう。

▼自分自身の心のブレーキを外す方法はこちらから
https://www.facebook.com/events/582127348594916/

次回は最も大事な2番目の方法をお話ししていきます。

2015年09月16日

出来ない脳から出来る脳へ!潜在能力の引き出し方

yjimageEF5ZO7PX.jpg

人の意識には顕在意識と潜在意識の2つがあります。

顕在意識とは普段使っている能力。使おうと思った時に意識して使える左脳的な意識といえます。

潜在意識とは普段眠らせている能力。とっさの時や無意識に発揮できる右脳的意識です。

この潜在意識は誰にでも備わっているもので、誰もがこの潜在意識を使えた経験があるはずです。試験前や夏休み最終日の宿題など、勉強への集中力は追い込まれたコトにより無意識に潜在意識が働きいつもとは比べものにならないほど集中できますよね。

他にもいつもの自分と比べたら考えられないほど行動出来たってことはあると思います。これが潜在意識です。もし好きな時に発揮できるようなコトが出来れば普段の自分とは見違えるほど変わりますよね。

次回は、潜在意識を発揮できる方法をお話ししていきたいと思います。

▼潜在意識を簡単に使う方法を知りたい方はこちら
https://www.facebook.com/events/582127348594916/